スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

3月, 2009の投稿を表示しています

Glass Mountain (赤ワイン・アメリカ合衆国)

名前:Glass Mountain Syrah グラス・マウンテン シラー
年:2001
国:U.S.A. アメリカ合衆国
地域:California カリフォルニア
生産者:Markham Vineyards マーカム・ヴィンヤード
タイプ:medium body ミディアムボディ
分類: -
葡萄の品種:Syrah シラー

香り豊か。
ベリーの感じが濃厚で、すべらかな舌触り。

Markham Vineyardsはカリフォルニアのナパ・ヴァレーで19世紀に創業された老舗。
創業者はフランス、ボルドーからの移民であったJean Laurent。

ワイナリー名にもなっているMarkhamは所有者を何度か変えたLaurentのワイナリーを購入したBruce Markhamの名字で、1978年に彼によってMarkham Vineyardsは設立された。

その後1988年にこのワイナリーはメルシャンに売却された。

Glass Mountainだが、Markham Vineyardsのノウハウを用いてカリフォルニアの良質の葡萄をブレンドして作られたものだ。
そのため、クオリティの高いものが、安価で購入できる。

Valpolicella Pasqua (赤ワイン、イタリア)

名前:Valpolicella ヴァルポリチェッラ
年:2006
国:Italy イタリア
地域:Verona ヴェローナ
生産者:Pasqua パスクア
タイプ:medium body ミディアムボディ
分類:DOC
葡萄の品種:Corvina コルヴィーナ、Rondinella ロンディネッラ、Molinara モリナーラ

ヴァルポリチェッラは飲みやすく、味も悪くない。
かつお手頃な値段のものが多い。

上記3種の葡萄はヴェネト周辺のイタリア北部で栽培されている葡萄で、ヴァルポリチェッラといえばコルヴィーナ、ロンディネッラ、モリナーラの3つをブレンドして作られている。
コルヴィーナとロンディネッラは親戚。

Chateau de Saint-Series (赤ワイン・フランス)

名前:Chateau de Saint-Series シャトー・ド・サン=セリエ
年:2006
国:France フランス
地域:Coteaux du Languedoc, Herault
生産者:Roux Père et Fils
タイプ:medium body ミディアムボディ
分類:AC
葡萄の品種: 90% syrah シラー, 10% grenache グルナッシュ

少し香りがきつめ。
口の中で果実っぽさが溢れるような感じ。
和食や中華にも合うのではないかと思う。

生産者のRoux家はブルゴーニュ・ワインのメーカーで、このラングドックの畑は1998年に購入したもの。

シラーは世界中で栽培されている葡萄だが、元はフランスのローヌ地域原産。

ABADÍA DEL ROBLE TINTO (赤ワイン・スペイン)

名前:Abadia del Roble アバディア・デル・ロブレ
年:2007
国:Spain スペイン
地域:La Mancha ラ・マンチャ
生産者:Bodegas Ayuso ボデガス・アユソ
タイプ:medium body ミディアムボディ
分類:DO
葡萄の品種:Tempranillo テンプラニーリョ、Garnacha ガルナッチャ

瑞々しい香り。
果実味豊か。

テンプラニーリョは新世界でもよく栽培されているけれど、元々はスペイン原産の葡萄品種。
他の葡萄より早く熟すため、スペイン語で早いという意味のtempranoからその名がつけられた。

ガルナッチャはテンプラニーリョとは反対に熟すのが遅い葡萄品種。
とてもポピュラーな品種でスペイン以外でもたくさん育てられている。
元はスペイン原産であったというのが有力な説だ。
フランス南部でこの品種はGrenacheグルナッシュと呼ばれている。
イタリアのサルデーニャ島ではCannonauカンノナウと呼ばれている。
ちなみにカンノナウがスペインに渡ってガルナッチャになったという人もいる。

同じ生産者のワイン
Estola Crianza エストーラ・クリアンサ (赤ワイン、スペイン)

▶生産者情報はここをクリック 

Ouro Velho (赤ワイン・ポルトガル)

名前:Ouro Velho オーロ・ヴェーリョ
年:1999
国:Portugal ポルトガル
地域:Vinho Regional Beiras ベイラス地区
生産者:Caves do Casalinho カーヴス・ド・カザリーニョ
タイプ:ミディアムボディ
分類:-
葡萄の品種:トゥリガ・ナシオナル(Touriga Nacional)、ティンタ・ロリス(Tinta Roriz)

Ouro VelhoとはOld Goldの意味。

トゥリガ・ナシオナルはポルトガル原産の葡萄。
ティンタ・ロリスはスペインのTempranilloと同じかと。

ボトルの形が変わっている。
良い香り。スパイシーでスモーキーな味わい。

14º Secolo (赤ワイン・イタリア)

名前:14º Secolo クワットルディチェージモ・セーコロ
    年:2007
    国:Italy イタリア
   地域:Chianti キアンティ
  生産者:-
  タイプ:ミディアムボディ
   分類:DOCG
葡萄の品種:-

甘苦い。

「14世紀」という名前のキアンティ。
1398年の文献に初めてキアンティ(白ワインとしてなのだけど)が登場したことに由来している名前。

Fruttato (赤ワイン・イタリア)

名前:Folonari Fruttato フォロナーリ フルッタート
    年:2007
    国:Italy イタリア
   地域:Veneto & Trentino
  生産者:グルッポ・イタリアーノ・ヴィニ GIV
  タイプ:ライトボディ
   分類:IGT
葡萄の品種:-

ライトボディ。
その名の通りフルーティで飲みやすい。
シーズン以外でボジョレーを買うくらいならこのFolonariを買う方がvalue for money。

Chateau Vrai Caillou (白ワイン、フランス)

名前:Chateau Vrai Caillou シャトー・ヴレ・カイユー
    年:2005
    国:France フランス
   地域:Entre-Deux-Mers アントル・ドゥ・メール
  生産者:S.A.S. Michel Pommier ミッシェル・ポミエ
  タイプ:-
   分類:AOC
葡萄の品種:-

ボルドーの白。
意外とおいしかった。
酸味よりアルコール味が強い感じ。
きりりとはしてなくて、だらっと味が広がる感じ。

Cabernet Sauvignon (赤ワイン、マケドニア)

名前:Cabernet Sauvignon カベルネ・ソーヴィニヨン
    年:-
    国:Macedonia マケドニア
   地域:-
  生産者:Vardarska Dolina Winery ヴァルダルスカ・ドリーナ・ワイナリー
  タイプ:-
   分類:-
葡萄の品種:Cabernet Sauvignon カベルネ・ソーヴィニヨン

香りはあまりない。
カベルネっぽくない味。

マケドニア産のワインというのが珍しかったので、買ってみた。
マケドニアはギリシアの北に位置する国だけど、ワインはギリシアワインよりハンガリーワインに違いような気がした。

古代にはギリシア圏だったし、その後はローマ帝国領にもなったからワイン作りの歴史は古いのかなとも考えたけれど、このワインに関して言えばカベルネだからあまり歴史のあるものではなさそうだ。

Quargentan (赤ワイン・イタリア)

名前:Quargentan クゥアルジェンタン
    年:-
    国:Italy イタリア
   地域:Verona ヴェローナ
  生産者:Quargentan クゥアルジェンタン
  タイプ:-
   分類:Vino da Tavola
葡萄の品種:-

Quargentanはイタリア北部ヴェローナのワイン・メーカー。
ヴェローナといえばシェイクスピアの悲劇『ロミオとジュリエット』の舞台で、ワイン的にはソアヴェ(白ワイン)が有名な地域。

1ℓパックのテーブルワイン。
料理用&ちょっと飲む用であれば、まあ役は果たす。

パックのワインはもっと容量の多いもので、蛇口みたいなのがついていて、開けた後も1ヶ月ぐらいもつものがある(「カスク ワイン」でググれば出てくると思います。普通のスーパーでもフランジアのやつがあるかも)。
本当に毎日飲むデイリー・ワインなら、そういうのもありかなと。

上記の1ℓぐらいの量であれば一人でも一晩で飲んでしまう量なので、あくまで料理用に通常のボトルよりもエキストラに量が欲しい場合に活用すべき。

Quargentan (白ワイン・イタリア)

Quagentan クゥアルジェンタン
Emiglia Quargentan エミリア・クゥアルジェンタン
Vino da Tavola テーブルワイン

容量1ℓ。紙パック。
ヴェローナ産。

ワインを使った料理などを作るときにこういった1ℓのパックというのは役に立つ。
750mℓのボトルだと、料理にまでワインをまわすと飲み足りない感じになるけど、250mℓの料理用の余裕があると丁度それを補ってくれる。

紙パックということでイメージは悪いかもしれないけれど、テーブルワインはそもそもボトルである必要がないような気もする。
毎日飲む類のお酒であればこういうので十分ではないだろうか。

Folonari Corposo (赤ワイン・イタリア)

名前:Folonari Corposo フォロナーリ コルポーソ
    年:2007
    国:Italy イタリア
   地域:Sicily シチリア
  生産者:グルッポ・イタリアーノ・ヴィニ GIV
  タイプ:ミディアムボディ
   分類:IGT
葡萄の品種:ネロ・ダーヴォラ 40%、シラーズ 25%、カベルネ・ソーヴィニヨン 25%、メルロー 10%

Corposoはイタリア語でフルボディの意味。
しかし、飲んでみたかぎりミディアムボディだったような気がする。不思議。

安定感のある味で、意外とおいしい。

ちなみにメーカーは、イタリア北部ヴェネト州にあるGruppo Italiano Vini グルッポ・イタリアーノ・ヴィーニ社。
同社はイタリア最大のワイン会社で、イタリア各地にワイナリーを保有している。